情熱PRESS8月号『無添加住宅の木の香りを楽しむ見学会』

無添加住宅の木の香りを楽しむ見学会【予約制】

他社の見学会で頭が痛くなったという方は必見!

開催日:9/25(土)26(日) 開催場所:無添加住宅モデルハウス

同時開催:古着deワクチン

古着deワクチンとは、2010年から始まったサービスで、着なくなった洋服や靴・バックなどの服飾雑貨を寄付する事で社会貢献ができるというサービスです。寄付した洋服や小物などは発展途上国でリサイクルされたり、現地の雇用を産み出す役割も担っています。また、1回の申し込みで5人分のポリオワクチンが開発途上国の子どもたちに届けられる仕組みなっています。
そこで、着なくなった洋服・使わなくなった服飾雑貨を、一緒に開発途上国へ寄付しませんか?
イベント当日に情熱工務店の見学会場へ持参してください。面倒な梱包・発送作業はこちらにお任せ、寄付に関わる手続きや費用はこちらが負担いたします。ご希望の方は情熱工務店の公式LINEアカウントの友達追加で、参加か可能になります。(当日でもOKです)
注意:下着類、ぬいぐるみ、破損の激しいものなど、送ることができない物もあります。あらかじめご了承ください。

 ⇐LINE公式アカウント

古着deワクチンでできること

➀お部屋がスッキリ

出産、成長、引っ越しや衣替え、大掃除に面倒な作業なく、お部屋がスッキリ片付きます。

②サステナブルな古着の再利用

古着を捨てるのではなく、誰かの役に立つように手放し、環境にも優しい衣類の活用ができます。

③ワクチン寄付で子供が救える

専用回収キット1口につき、5人分のポリオワクチンが寄付されます。

➃国内外での雇用創出

国内の障がい者雇用と開発途上国での現地雇用が生まれます。